宿便が引き起こすトラブル

多くの女性が悩まされている便秘は、単純にお通じが悪くなるだけではなく、心身にも様々な影響を及ぼします。腸内の宿便の影響で元気がなくなったり、肌荒れや免疫力が落ちてしまったりすることもあります。なぜそういったことが起きるのか、その理由をご紹介します。

悪玉菌の増加

宿便が腸に長く留まってしまうと、腸内で悪玉菌が増加します。悪玉菌が増加すると発がん性物質が活性化し、大腸の中にポリープやガンができやすい環境になってしまいます。また、腸内細菌は人間の免疫力の約70%を担っていると言われています。宿便の影響で悪玉菌が増加し、腸内細菌のバランスが崩れることで、免疫力が低下し感染症やアレルギー症状も発症しやすくなります。

骨盤内の血行不良

便秘が長い間続くと、骨盤内の血行が悪くなってしまいます。骨盤と全身の血行は関係が深く、骨盤の血行が悪くなると全身の血行も悪くなってしまいます。全身の血行が悪くなることで、一見関係がなさそうに思える肩こり・腰痛・冷え・むくみ、さらには月経不順にまで繋がることがあります。「出ない」というストレスが原因でも余計に便秘が悪化してしまうことがあります。

自律神経が乱れる

実は自律神経の働きと便秘は深く関係しています。便秘になって自律神経の働きが乱れることで、だるさや疲労感が生まれ、イライラしてしまったり、不快感に悩まされることがあります。疲労感が取れにくくなり、動くのが億劫になってしまいます。そのため運動不足になり、ますます便秘が悪化してしまう悪循環に陥ることがあります。

便秘が解消せず慢性的に続いていくと、大腸ガンのリスクも高まります。便秘は決して軽い病気ではありません。手遅れになってしまう前に早めに解消しましょう。

弊社では、便秘でお悩みの方にお使い頂きたい善玉菌が豊富に入った漢方サプリを販売しています。これまで様々なや健康食品を試しても解消されなかったという方は、是非弊社の栄養補助食品をお試しください。
送料無料となっておりますのでお気軽にご利用ください。