「腸内環境を整える」とは

腸内環境は、私たちの健康と深く関係しています。健康や美容について考えるなら、腸内環境を整えることに注目してみませんか。

腸内細菌のバランス

私たちの腸内には、約1000種類以上の腸内細菌が500兆~1000兆個、総量にすると1~1.5kg程度棲みついていると言われています。莫大な量の腸内細菌は善玉菌と悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌に分けられ、それぞれが互いにせめぎ合いながら隙間なく縄張りを作っています。仲良く共存しているわけではなく、それぞれ勢力を拡大しようとチャンスをうかがっているので、善玉菌が増えると悪玉菌は減り、悪玉菌が増えると善玉菌は減ります。

○ 善玉菌

善玉菌は、便秘や下痢にならないよう腸の働きを整え、悪玉菌の活動を抑えます。免疫力とも深く関係しており、善玉菌のバランスが良いと腸内を酸性に保ち、免疫力を高めて外からの有害な菌をやっつけてくれます。食事から得た栄養の吸収をサポートしたり、ビタミンを合成したり、善玉菌は健康や美容にとても良い働きをしてくれるのです。

○ 悪玉菌

悪玉菌は、腸内をアルカリ性にすることを好みます。発がん物質や毒素のある有害物質を作り出し、腸壁の細胞を長い年月をかけて傷つけ、それがやがてはガンになったり肝臓を弱らせたりします。悪玉菌は腸内の腐敗を促し、悪玉菌が優勢だと便秘や下痢になりやすく、免疫力も低下して風邪や感染症にかかりやすくなってしまいます。

○ 日和見菌

日和見菌は、善玉菌にも悪玉菌にも属さず、どちらか優勢な方と同じような働きをする性質があります。そのため、善玉菌が優勢だと腸内環境を良好に保つことが出来ますが、悪玉菌が増え始めると日和見菌も悪玉菌に加勢した状態となり、一気に腸内環境のバランスが崩れてしまいます。

私たちに有害な影響を与える可能性のある悪玉菌が無くなれば良さそうな感じがしますが、善玉菌と悪玉菌が戦うことで善玉菌の良さが発揮されるので、悪玉菌も必要不可欠な腸内細菌なのです。この善玉菌と悪玉菌、日和見菌のバランスを良くすることを、腸内環境を整えると言うのです。善玉菌が20%程度、悪玉菌が10%程度、日和見菌が70%程度というのが、健康な人の一般的な腸内細菌のバランスです。

腸内環境について考える際は、是非弊社で取り扱っている健康補助食品を取り入れてみてください。乳酸菌や食物繊維などを使った健康補助食品、日々の健康管理におすすめの漢方など、健康や美容にアプローチする商品を揃えています。送料無料でご利用頂けるので、気軽にお役立てください。