「腸内」と「幸せ」の関係

一見すると何の関係もなさそうな「腸内」と「幸せ」には、深い関係性があると言われています。ここでは、この2つがどのように関連しているかをご紹介していきます。

心身の健康をコントロールするセロトニン

私たちが気持ち良さや心地良さ、心の安定を感じている時には、セロトニンという物質が分泌されています。ただし、脳内で分泌されるセロトニンは約1割で、残りの約9割は腸内で分泌されていると言われています。

そのため、腸内環境が悪くなるとセロトニンが分泌されにくくなり、便秘や宿便に悩まされるだけでなく、感情にも悪影響を及ぼす可能性が高くなるでしょう。イライラや不安などの感情が長引けばうつ病や不眠症にも繋がり、健康を害することもあります。このようにセロトニンは心身の健康をコントロールしているのが特徴です。

セロトニンを上手く分泌させるには

心身の健康に欠かせないセロトニンを上手く分泌させるには幾つかの方法があります。
まず1つは「他者とのスキンシップ」です。SNSや電話などのデジタル上だけでなく、直接顔を合わせることが大切です。次に挙げられるのが「太陽の光を浴びる」ことです。セロトニンは太陽の光によって分泌が促されるので、日中はなるべく屋内にこもらず外へ出かけた方が良いでしょう。そして最後に挙げられるのが「リズム運動」です。これは運動だけに限らず、食事の際の咀嚼や呼吸にも共通していると言われています。これらをまとめて、友人や知人と一緒に外でリズム運動をするのが手っ取り早く良い方法だと思います。

他にもトリプトファンが含まれている豆やチーズなどの食品を摂るのも良いでしょう。ただ、摂取する際は腸内で悪玉菌や善玉菌といった腸内細菌のバランスが取れていることが大切です。

弊社では腸内環境を整える漢方、快適な生活をサポートとするサプリメントを、一部を除き全国送料無料で提供しています。是非、食事と同様に生活上で取り入れてみてください。心身に大切な役割を持つ腸をいたわれば、毎日を楽しく快適に過ごせるでしょう。