動物性乳酸菌と植物性乳酸菌を含む食べ物

腸内環境を整える乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類があります。
そこで、この2つの乳酸菌が含まれている食べ物をご紹介いたしますので、食事を摂る時の参考にしてみてはいかがでしょうか。肌トラブルや便秘と腸内環境は深い関係があるので、女性は特に意識して摂取するのをおすすめします。

動物性乳酸菌を含む食べ物

動物性乳酸菌が多く含まれるのは、ヨーグルトやチーズ、発酵バターといった乳製品が挙げられます。これらの乳酸菌は、乳に含まれている乳糖を餌として育ちます。
また、生ハムや塩辛などの肉類でも育つとされ、動物性乳酸菌は約20種類あると言われています。乳製品に含まれる乳酸菌は栄養素が豊富ですが、他の菌と共存出来なかったり、胃酸で溶かされたりするため、ほとんどが腸にたどり着くことが出来ません。
それなら動物性乳酸菌を摂取する意味はないと思いがちですが、死んだ後は植物性乳酸菌の餌となるため、必要不可欠な成分となっています。

植物性乳酸菌を含む食べ物

植物性乳酸菌が多く含まれるのは、味噌やキムチ、漬物などの発酵食品が挙げられます。そのため、日本食を普段から食べているなら、自然と植物性乳酸菌も摂取していることになります。その中でも「すぐき」と呼ばれる京漬物には、酸に強いラブレ菌という乳酸菌が多く含まれています。
これらの発酵食品に含まれる乳酸菌は、ブドウ糖やショ糖などを餌として育ち、その種類は動物性の10倍以上と言われています。植物性乳酸菌は死んだ動物性乳酸菌を餌として、腸までたどり着くことが出来るので、腸内環境を整えたい方は多く摂取しましょう。

動物性と植物性の乳酸菌がお互いに機能し合うことで、腸内環境を整えることが出来るので、どちらもバランスよく摂りましょう。しかし、仕事が忙しく調理出来なかったり、食事を摂れなかったりする方もいるでしょう。

そのような方は、1包に5000億個の乳酸菌が含まれている「証陽散」で乳酸菌を補ってみてはいかがでしょうか。弊社では腸内環境だけでなく、健康維持に役立つ漢方や健康補助食品を送料無料でご提供しています。