写真:健調楽(顆粒)

<健腸長寿、腸清ければ病なし 腸内免疫力を高める栄養補助食品>

人間の身体が60兆個の細胞で形成されているのに対し、「腸内細菌」は、約100種類・約100兆個も存在するといわれます。
人間を構成する細胞をも上回る数が存在している腸内細菌を活性化させ、健康な腸内環境を整えることが心身健康・美容に最適と考えられます。

乳酸菌・酵母菌・酢酸菌生産物質の複合エキス「健調楽」は、世界一の健康長寿地帯「北コーサカス原産」の発酵乳に代表されるケフィア菌を主原料としています。
日本国内において十数種類の乳酸菌、酵母菌、酢酸菌を複合発酵・増殖させる独自製法で開発された乳酸菌酵母利用飲料ですので、ご自身はもちろん、ご家族の健康と美容のためにも続けてお召し上がりいただくのをお勧めします。

(1)便秘と自家中毒論

1900年代の初めにイギリス人医師アーブノットレーンによって提唱された「自家中毒論(便秘が腸内に毒素を作り、結果病気になるという理論)」
2010年の現在では、便秘やその他の色々な条件で腸内環境が悪化し、様々な病気・不調を引き起こすという理論が一般的になっています。
腸内細菌(悪玉・善玉)のバランスが、私達の身体の健康にも影響を及ぼしているのです。

(2)腸からの毒素漏れと自己免疫疾患

腸には粘膜という薄い膜がありますが、腸内の悪玉菌が善玉菌を上回って増殖すると、腸が毒素にさらされ、その粘膜から血液中に毒素を漏らしてしまいます。
血液に入り込んだ毒素はやがて肝臓に運ばれ解毒されますが、肝臓の解毒能力が限界を超えた時、毒素はさらに全身に巡り始め、体調悪化・疾患を招きます。
腸から毒素が漏れ、身体の免疫組織が過度に働いた時、自己免疫疾患(関節炎など)が引き起こされます。
このような腸内代謝異常(腸内毒素によって引き起こされるトラブル)を予防するためにも、腸内環境の改善が必要となります。

(3)全ての原因は「腸にあり」

腸内環境の正常化と免疫力アップで、健康な身体作りを始めましょう!

  • ステップ1:便を出す
  • ステップ2:腸を整える
  • ステップ3:腸壁を強くする

この3つのステップを助けるのが「乳酸菌・酵母菌・酢酸菌生産物質の複合エキス 健調楽」です。

健調楽・顆粒(スティックタイプ)、1袋(2.5g)当りの栄養成分

熱量9.1kcalタンパク質0.5g脂質0.0g炭水化物1.8gナトリウム6.3mg

名称:乳酸菌・酵母利用食品
原材料名:乳酸菌酵母共棲培養粉末、乳糖
お召し上がり方:食品として1日2~3袋をそのまま、または水・牛乳等で溶かしてお召し上がりください。

健調楽・顆粒(2.5g×60包)12,600円(税・送料込) 数量 :
健調楽・顆粒(2.5g×180包)35,700円(税・送料込) 数量 :

健調楽・液体パック

写真:健調楽・液体パック

お召し上がり安い液体パック。
商品の詳細はこちらをご覧ください。

健調楽・液体(50ml×10袋)11,500円(税・送料込) 数量 :
健調楽・液体(50ml×30袋)31,500円(税・送料込) 数量 :